レーザー脱毛と光脱毛って何が違うの?実はほとんど同じなんです

レーザー脱毛って何なんですか?

レーザー脱毛とは脱毛治療の一種で、高周波の光を肌に照射して毛穴の中を焼き、そして毛を落としていくという治療になります。そのレーザーにも様々な種類があって、日本人でよく使われるのがアレキサンドライトレーザーになります。主にほくろなど、シミにも効くので、今ある治療法の中で肌の問題を全体的に解決してくれる治療法となります。しかし、レーザー脱毛は少し危険を伴うため、基本的に医療機関でしか施術してもらうことができませんので注意してください。

光脱毛って何なんですか?

光脱毛とは、レーザー脱毛と同様、肌に光を照射して毛を抜いていくというものになります。ただ、光脱毛はレーザー脱毛と比べて弱い光を使います。そのため、脱毛効果が薄くなり、それゆえに治療に何度も光を照射する場合がございます。しかし、肌に傷つけにくい上に、ある程度の効果を期待できるため人気の治療法となっています。ただし、エステサロンなどで施術してもらう場合、予約を取らないとできない場合があるので注意してください。

結局どっちがいいんでしょうか?

基本的に言えば「光脱毛」の方が良いかもしれません。しかし、光脱毛は治療できない部分もあるため、必ずしもそれで解決するというわけではないのです。つまり、特殊な部分や大きなほくろがある、といった変わった条件をお持ちの方はレーザーを、一般的な「脱毛を少ししたい」という場合は光脱毛をオススメします。ただし、レーザー脱毛には注意がありまして、肌が弱い方は傷が残ってしまう場合がございますので注意してください。

レーザー脱毛は医師によって医療機器を用いて行われるので、安全性も高く効率的に脱毛の施術が出来て良いでしょう。