他人事ではない!?怖い心臓病を今のうちから予防しよう

食生活を改善してみよう

日本では心臓病で亡くなっている方がとても多いと言います。心臓病には不整脈や狭心症、心筋梗塞など様々な種類がありますが動脈硬化による心臓病が増えているそうですよ。動脈硬化とは動脈が詰まったり硬くなったりして血液が流れにくくなったりする事を言います。血液が流れなくなってしまうと栄養や酸素が運ばれなくなってしまいますよね。血液中にコレステロールや脂肪がたまる事が原因なので、まずは食生活を見直すことが大切なのですよ。油分の多い食事は控えて野菜や果物を多く取りましょう。

適度な運動を取り入れよう

心臓病の多くはコレステロールや脂肪によって動脈がつまってしまう事が原因となって起こります。そのためにはやり運動が必要となりますよね。最初から激しい運動は逆に心臓に負担をかけてしまう恐れもあるため、まずは1日20分程度のウォーキングから始めましょう。また水泳も効果的な運動なのですよ。有酸素運動は脂肪を燃焼させてくれるので、身体が慣れてきたら少しずつ回数を増やしたり時間を増やしていくと更に効果的ですよね。

喫煙習慣から脱出しよう

ストレス解消のためや長年の習慣でタバコがやめられない人も多いですよね。実はこの喫煙習慣も心臓病の大きな原因の1つになっているのですよ。喫煙によって血液がどろどろになってしまうのは有名ですが、その状態が長く続くと酸素や栄養が運ばれなくなってしまうのですよ。心臓病を防ぐためには頑張って禁煙する事が必要なのです。急にやめるとストレスが溜まってしまう場合には本数を減らしたり、また病院や専門家に相談しましょう。

冠動脈バイパス手術は、重症な虚血性心疾患の外科治療法です。開胸し、狭くなった冠動脈病変の先に健康な血管(脚や腕、胸や腹部)を繋げ、心臓に流れる新たな血流の路(バイパス)を作り心筋への血流を増やします。