審美的にも目だたない歯の治療方法とは何か

審美歯科を視野に入れる

歯は人間の一部ですが、会話している時特に人目につきやすいパーツです。治療する場合はできるだけ目立たない歯の治療方法を考えたいものですよね。そうした場合、一般的な歯医者だけでなく審美歯科を考慮に入れると良いでしょう。審美歯科は見た目の美しさを考慮した上で治療を進めてくれる歯医者です。虫歯治療だけでなく、歯の色や位置を変えるような「美」に関する治療も行なってもらえる点が特徴的です。機能を治すだけの治療を行なった場合、外部から見て違和感が生じる事もありますので気を付けましょう。

治療終了の青写真を描く

例えば一般的な歯医者でインプラント治療をした場合、機能的には問題のない治療ができても外部から目立つ歯になってしまう可能性があります。インプラントで挿入した歯の色だけやけに白かったり、歯の位置に違和感を覚える事があるのです。一度こうした治療を完了してしまった場合、再度治療しなければ直せませんので注意しましょう。一方審美歯科であればあらかじめ治療が終わった際の見栄えを考慮して作業を進めてもらえますので安心です。

目立たない矯正治療を考える

インプラントの他にも歯科治療と言えば矯正治療が存在していますが、矯正の中には目立たない治療方法が存在しています。一般的に矯正治療で用いられるワイヤーは銀色ですので外部から分かりやすいものですが、中には白色のワイヤーや透明の製品が存在しています。こうした治療であれば会話している際も気になりませんので、社会生活を考えて治療が億劫になっている場合選んでみましょう。また中にはワイヤーを用いずインプラントで矯正する方法も存在しています。

オールセラミックとは歯の表面にセラミックで出来た義歯を貼り付ける治療で、長時間歯の白さを持続できる審美治療です。